· 

借金はした方が良いのか?

昨日は、大阪で仲間の税理士にPFの話を聞いてもらいました。

関西の人が多く、また気心が知れてる中なので、

ズケズケと忌憚のない意見が聞けとても参考になります。

昨夜、意見が少し分かれたのは借金に対する考え方でした。

PROFIT FIRSTの本は借金に対して否定的です。

著者もそうですが借金で苦労したことのある人は

無借金経営に憧れ、またそうあるべきだと信念があります。
(わたしもそうです)

「オレは、お金の苦労したことないから、

ぜんぜん、この本、共感でけへんわ。」

と言っていたある税理士さんからは、

この0%台で借りられる超低金利で借りやすい時に

借りたおすべきだという意見もありました。

そして手元の資金を厚くしておけということです。

それは、もっともな意見だと思います。

しかし、このPROFIT FIRST の本の根底にあるのは、

人間は、非合理で必ずしも理論通りには動かないということ。

ここでもそのうち書こうと思いますが、

私はセミナーの冒頭で、

私のお金の失敗談、自分自身の黒歴史を話しますが、

人間は特に、お金のことになると理性が働かなくなる生き物のようです。

理論的には、お金を借りても使わな方ったら、手元に残るはずということですが、

やはり、多くの人は、預金通帳の残高がいっぱいあると、

何かに使いたくなるのです。

たとえ借りたとしても事業経費用の通帳とは別の口座に預けて

事業経費のお皿を大きくしないことが肝要かと思います。

借金については、また書きたいと思います。今日はここまで